サイディングボードを守るなら外壁塗装を検討しましょう

作業員

最近の注目は遮熱塗装です

作業員

効果は40%〜85%

外壁塗装は10年に一度100万程度のお金がかかります。もちろん小さい建物で塗装面積が小さい場合には50万円程度で済みますが、30坪くらいの家で屋根も塗装するとなると100万くらいはかかります。業者に合い見積もりをとっても数万円の差が出るくらいです。屋根塗装には遮熱塗料が注目されていて白っぽい色だと85%を超える遮熱効果が期待できます。逆に黒っぽい色だと40%程度に留まります。三重県で住宅密集地などで屋根が見えない場合には、屋根には白っぽい色で遮熱効果を狙う方が増えています。屋根が見える場合には、屋根が白っぽいと下の外壁塗装の色と合わないというか屋根は黒っぽいほうが見慣れているため落ち着くので遮熱効果を取ず、屋根を黒にする方が多いです。三重だと屋根は黒っぽい色が主流です。外壁塗装の価格は塗料の値段で変わります。シリコン樹脂塗料が主流で安価なのに安定した品質を実現します。シリコンよりグレードの高いものでフッ素樹脂塗料もありますが、塗料の金額が倍以上になります関係で外壁塗装工事の総額が1.5倍くらいになります。三重でもフッ素樹脂塗料は評判がよく約20年持ちます。1.5倍の工事費で約20年という倍の年数持つなら、フッ素樹脂で施工したほうが良いとお考えになると思いますが、屋根に使う塗料でフッ素並みに優秀な塗料がないため、三重でも屋根は10年程度で塗り直しとなります。屋根が10年で工事必要となると、工事費が発生しますから、トータルで割高になります。屋根の耐久年数に合わせて外壁塗装の塗料もシリコンにして約10年から15年での塗り替えをする方が多いです。