サイディングボードを守るなら外壁塗装を検討しましょう

作業員

家を長年守るための塗装

ペンキ

作業を行う内容や流れなど

大切な家に長年住み続けるには、雨漏りなどの損害から守る必要があるため、大阪でも外壁塗装の利用が定期的に必要となってきます。雨漏りを起こす外壁の損壊などは目に見えない場合も多いため、平均的な外壁塗装の期間は約10年前後となっているのが一般的です。大阪での外壁塗装は、誰もが業者を利用して行うことが当たり前となっており、ほとんどの業者が同じ内容による作業となっています。その作業内容では、近所のあいさつから始めてくれ、高所でも安全に作業ができるよう仮設の足場の設置と飛散防止シートを貼ってくれます。次に、外壁の汚れを落とすため業務用の高圧洗浄機を使って、コケやカビ、汚れなど念入りに洗い流す作業を行うのです。終わり次第、養成シート貼りの作業を開始してくれ、これは塗料を塗らない部分、もしくは飛び散っても防いでくれる役割を果たすための、シートを覆う作業を行ってくれます。ここまで作業が終えたら次は下地の調整を行います。大阪の業者でも手を抜かず丁寧に、ひび割れた部分や溝などに補修材を埋め、サビを落とす作業をしてくれます。この作業を怠ると、仕上がり時の見た目や耐久性などに問題が生じるため、業者の腕の見せ所とも言えるでしょう。そして外壁塗装に入り、外壁と塗料の糊の役目をする下塗りから始まり、色を付ける中塗り、仕上げとなる上塗りをして塗装は終わりです。この中塗りや上塗りの回数は大阪の業者によって様々ですが、例えば中塗り2回と上塗り2回行う場合では、耐久性や防水性なども格段と向上することは言うまでもありません。最後に一通りの検査を行い、問題点があれば修復を施してくれます。何もなければシートや足場を解体して、終了のあいさつをされてから作業は全て完了となります。