サイディングボードを守るなら外壁塗装を検討しましょう

一軒家

住宅能耐久性に影響

外壁塗装は定期的に行うことが大切です。建物の外壁は年月が過ぎれば劣化していくもののため、専門業者にケアしてもらいましょう。神戸市にお店を構えている業者であれば無料見積もりを実施しています。現地訪問も気軽に行っているので、検討段階で費用がかさむ心配はいりません。

サイディングボードの保護

刷毛

よく使われている塗料

現在の日本では、サイディングボードが外壁によく使われるようになっています。サイディングボードとは、植物などの繊維を混ぜ込んだセメントを板状にしたもので、強度が高いため衝撃に強く、水も通しにくいという特徴があります。そのため外壁に適しているのですが、寒暖差や乾燥などの影響で亀裂が入ったり割れたりすることがあります。環境にもよりますが、製造後10年ほどでそのような状態になることが多いため、多くの人が防止対策として、築10年を目安とした外壁塗装をおこなっています。外壁塗装とは、サイディングボードを塗料で覆うという一種のリフォーム工事で、これによりサイディングボードは外気の影響を受けにくくなります。つまり、長持ちしやすくなるということですが、具体的な耐用年数は使う塗料によって異なっています。外壁塗装で最もよく使われている塗料は、シリコン樹脂から作られたもので、耐用年数は約10年です。したがって塗装後には、サイディングボードをさらに10年ほど良い状態で使い続けることが可能になります。また、耐用年数は7年ほどですが、その分価格がシリコン樹脂よりも安いというウレタン系の塗料にも、高い人気があります。建物の大きさにもよりますが、外壁塗装には多くの塗料が必要となるため、単価の安さを重視する人は多くいるのです。さらに昨今では、より頑丈なフッ素系の塗料も注目されるようになっています。耐用年数は約15年ですし、汚れが付着しにくく、見た目の美しさが保たれやすいというメリットもあるのです。

ペンキ

家を長年守るための塗装

雨漏りなどの損害から守るには、大阪でも外壁塗装が必要です。業者に依頼した時の作業は近所のあいさつから始まり、足場の設置や飛散防止シート貼り、高圧洗浄機での汚れ落としとシートの養成になります。次に下地の調整を施し、下塗りや中塗り、上塗りをして検査を行い、シートや足場を解体して終了のあいさつで完了です。

作業員

最近の注目は遮熱塗装です

最近、遮熱塗料が注目されています。外壁塗装を行う際に屋根も併せて塗装することになりますが屋根は遮熱、外壁塗装はシリコン樹脂塗料が主流です。より高品質なフッ素樹脂塗料もありますが屋根の耐久年数に合わせて三重ではシリコンを塗る方が多いです。